微生物活性剤”光合成きらり”

有機農業の力強いパートナー
光合成きらりは、光合成細菌の一種、紅色非硫黄細菌を集積培養した微生物活性剤で、カロチノイドを持った紅色の生菌体です。
地力の減退した農地で、有機肥料との併用によるその素晴らしい効果は高く評価されています。
 土壌障害の抑制、植物の生育促進、品質向上など有機農業に欠くことのできない力強いパートナーとして活用されています。
光合成きらりの期待される効果
  • 空気中の窒素を固定し、土壌を肥沃にする。
  • 菜園・ハウス内土壌の諸障害を抑制する。 
  • 水田等で発生する硫化水素を除去する。
  • 作物の収量・品質・貯蔵性を向上させる。
  • 果樹・果菜の糖度、色度、ビタミン含有量を増加させる。
  • 根張りや葉の色を良くし、生育状態を改善する。
  • 酸性土壌を中和する働きがある。
光合成きらりの使用により効果の認められた植物
イネ科 水稲、陸稲、麦、イグサ、芝(ゴルフ場)、ハトムギ
葉 菜 キャベツ、ネギ、ブロッコリー、レタス、ホウレンソウ、ハクサイ、コマツナ
果 菜 キュウリ、メロン、スイカ、カボチャ、トマト、ナス、ピーマン、イチゴ
根 菜 ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ニンジン、ゴボウ、ダイコン、レンコン
果 樹 カキ、ミカン、ナシ、ブドウ、イチジク、モモ、ビワ、ウメ
花 卉 カーネーション、ユリ、キク、ラン、トルコキキョウ、観葉植物
花 木 ツバキ、ツツジ、サツキ、チャ、バラ
樹 木 クスノキ、ヤマモモ、イチョウ
樹勢回復工事施工前 樹勢回復(2ヶ月後)